読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GitHubに登録してみる

 今更ですが、GitHubに登録してみようと思います。

GitHubはソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスです。

GitHubはBuild software better, together「優れたソフトを一緒に開発する」ことを助ける、つまりチーム(開発者、マネージャなど)がコミュニケーションを容易にとれるサービスです。開発プロジェクトを公開して世界中からフィードバックをもらえます。すごいですね。コミュニケーションのためのディスカッションツールもあります。

私個人の考えでは今後のソフトウェア開発においてGitHubは必須だと思っています。

では登録してみましょう。

 

上からユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力し「Sign up for GitHub」をクリックします。 

f:id:GraySilverCoin:20150509202501p:plain

登録したメールアドレスにメールが届きますのでリンクをクリックします。

確認画面に遷移されます。よければ「Confirm」をクリックします。

これで登録完了です。簡単でした。

 

 次はOrganization(組織)を作成します。

下図のCreate Organizationをクリックし、新規に組織を作成します。

f:id:GraySilverCoin:20150509202925p:plain

 

 次にOrganization name(組織名)とBilling email(課金メール)を登録します。

Billing emailは有料のプランを選択した場合は請求の通知が送信されます。

「choose the organization's plan」から「Open source」を選択すると無料になります。

f:id:GraySilverCoin:20150509203201p:plain

 

次にGitHubのユーザー名を入力して、メンバーを組織に招待します。

対象のユーザーを追加後にFinishをクリックします。

f:id:GraySilverCoin:20150509205400p:plain

 これで組織の所有者になりました。

 

次はリポジトリの作成を行いたいと思います。 

「New repository」をクリックします。

f:id:GraySilverCoin:20150509221536p:plain

 

Repository nameを入力します。

Create repositoryをクリックします。

f:id:GraySilverCoin:20150509222347p:plain

 

GitからGitHubリポジトリにアクセスする方法がHTTPSSSHの2種類があります。どちらかをクリックすると下にあるコマンドラインが変わります。

Set up in DesktopをクリックするとGitHubのセットアップファイルのダウンロード画面が表示されます(WindowsMacLinuxに対応)。

Ubuntuはapt-get install gitで可能です。

f:id:GraySilverCoin:20150509223204p:plain

 

以上で基本的な登録は完了です。

 

リポジトリは複製ができます(Fork repositories)。

フォーク後のリポジトリで開発し、元のリポジトリに反映を依頼する事もできます(Pull requests)。

 

他にも強力な機能があるようですが、利用する機会があれば記事にしたいと思います。