読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WPF Applicationオブジェクトをマークアップに変更する

WPF

前回の「MSBuildコンパイルしてみた」で作成したprogram.csをマークアップに変更します。

 

ginka.hatenadiary.jp

xamlファイル(app.xaml)を作成します。

<Application
  xmlns='http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation' >
  <Application.MainWindow>
    <Window Title='Hello World' Visibility='Visible' />
  </Application.MainWindow>
</Application>

Windowを定義する場合は、Application.MainWindowを定義します。

今回はアプリケーション定義内でWindowを定義していますが一般的には

別のxamlファイルを作成します。

program.csは必要ないので削除します。

 

Test.csprojを変更します。

<Compile Include='program.cs' />を<ApplicationDefinition Include='app.xaml' />に変更します。

 

ビルドは前回の内容と同じです。

WPFではコードを記述する代わりに宣言型でプログラミングを行えるようになっています。